医学部専用予備校の費用とは?

医者を目指す受験生の授業料が高いことには理由があります

コースごとに違った受講料が設定されていますが、中でも国公立大学や難関私立大学を受験するような生徒は「特進クラス」に分類され、一般のクラスと比較すると料金は安くなる傾向があるとされています。
特進コースの受講料は、年間100万円から200万円というところがおおく、一般コースの受講料は年間300万円から600万円にまでなることもあります。
医者を目指す受験生の授業料が高いことには理由がありますが、それは確実な成果を出すことを考えた場合、医学部を専門とした予備校の方が一般的なそれよりも費用対効果が高くなるからです。
生徒は医者を目指す人のみですので少人数になりますし、その分講師との距離も近くなります。
合格のための偏差値は他の学部に比べて高いので、実績のある学校に在籍する講師たちはレベルも非常に高いです。
そうなれば講師との距離が近いことで苦手分野を把握した上で、ピンポイントな対策をたててもらうことが出来るということになります。
そして生徒を全面的にフォローするためにスタッフが学習状況や成績の管理などすべてを行ってくれますので、勉強にだけ集中できる環境が整っています。
勉強に適した場所ではありますが、その環境を提供するためにやはり高額な費用がかかってきてしまいます。
相場でみれば100万円ほどから600万円ほどとなりますが、中には1000万円をこえる学校もありますし、一般的な金額で受講できるところもあります。
安いにこしたことはありませんが、受講料に執着しすぎて学習の質が落ちてしまっては元も子もありません。

LINEニュースなってたww
この写真医学部予備校の宣伝にありそう😂 pic.twitter.com/atzeiFAUu5

— るーみん🐣 (@84UexjUSLSI6Gaf) 2019年8月13日

医者になるためにはどのような道筋が必要でしょうか / 医者を目指す受験生の授業料が高いことには理由があります / 奨学生制度を利用するという方法もあります